神前式の流れ


神前式の流れ

神前式とは神々にお二人の結婚を報告する儀式です。 場所により、神も異なりますが、一般的には夫婦円満の神様、天照大神(あまてらすおおみかみ)の親とされている「いざな岐・いざな美」が多いようです。  

神前式の流れ

神前式直前

 

神職より、式次第、入場方法や誓いの言葉、玉串の作法等を説明致します。
指輪交換がある場合は、事前にお預かり致します。

※婚約指輪はあらかじめはずしておくか、右手にはめかえておきます。

参進(さんしん)

 

楽人・神職・巫女の先導にて、新郎新婦様・親族様は本殿へ進みます。全員が着席したところで典儀(式の進行を司る神職)が式の始まりを告げ、斎主が入場し、式の始まりを告げます。

  画像をクリックすると拡大します

 

お祓い お清めのことで、祭儀を行う前にお祓いが行われます。
典儀の合図で参列者も全員起立して一同頭を下げ、お祓いを受けます。
神職が祓詞(はらえことば)を奏上し、 参列者のけがれをはらって身を清めるために行われます。

  画像をクリックすると拡大します

 

神前に、供え物の海や山の幸を奉ります。お神酒を盛った蓋をとります。

 

祝詞とは、神様に祈りを捧げるときに神職が唱える祝福の伝え詞(ことば)です。結婚式では、斎主が神様にお二人の結婚を報告し、お二人の生涯の幸せと、両家の繁栄、神々の加護を願って神様への感謝の詞を読み上げます。一同起立し、頭を下げ拝聴します。

 

ご神前に供えられたお神酒にて、新郎新婦様の永遠の結びの儀式が行なわれます。
盃は大中小の3種類が小さい順に重ねてあり、それぞれにつがれたお神酒を3口で飲み干します。
※お神酒を一つの器で共に口にすることにより、一生苦労を共にするという誓いの意味。

  画像をクリックすると拡大します

 

新郎様新婦様はご神前に誓います。

  画像をクリックすると拡大します

 

1、新郎様が新婦様の左指にはめます。
2、新婦様が新郎様へ
ご希望により、赤と白のツイストされた紐を結ぶ「縁結びの儀式」も可能です。

  画像をクリックすると拡大します

 

玉串(さかき)に願いを込め、新郎様新婦様が神前に進み、感謝と祈りを込めて、二礼二拍手一礼の作法で神前に拝礼する儀式です。
作法があるので、当日、説明しながら行います。

  画像をクリックすると拡大します

 

両家の親族一同の盃にお神酒を注ぎ、三度に分けてお神酒を頂き、親族かための儀を行います。

 

神職が神饌を下げます。

群馬県内での神社での神前式後には新郎新婦様のご要望に合わせながら、
群馬県内での料亭結婚式やレストランウエディング、旅館結婚式等、様々な会場をご案内させて頂いております。
ご希望の会場等ございましたら、お気軽にお声掛けくださいませ。

群馬県内の会食・披露宴会場

資料請求・お問い合わせ

お電話の場合

  • 受付時間AM11:00〜PM7:00
    (火曜・第二水曜定休/祝祭日は営業)
  • 群馬県知事登録 旅行業第3-474号
『群馬県結婚式』 神前式&和婚プロデューサー アニバーサリープレゼントのブログ


(RSSにて自動更新中)
  • アニバーサリープレゼント公式インスタグラム 和婚フォト
  • 和婚プランナー紹介
  • アニバーサリープレゼントの9つの和婚スタイル
  • 結婚式当日の流れ
  • 神前式・和婚当日までのスケジュール
  • ご実家での花嫁支度
  • 十二単神前式
  • メディア紹介・講演会・社会活動
  • 交通アクセス