正統派の秋和婚

お祭り等で普段から黒の紋服を着る機会がある新郎様。結婚式には、非常に落ち着いた緑色の紋服をお選びになられました。 新婦様は神前式には白無垢に綿帽子の伝統的な和婚のスタイルに加え、料亭結婚式には振袖姿もご披露されました。
料亭でのこだわりの料理に関しましても、お二人で事前に複数のパターンの会席料理を試食をされながら、当日のメニューも決定。
結婚式当日には、神前式から料亭結婚式まで、ご親族様との写真撮影もゆっくりと行いながら進行させて頂き、料亭内では大変縁起の良い5色の餡子が入った「蓬莱饅頭(ほうらいまんじゅう)」の入刀も和婚の演出として披露されました。
料亭結婚式後には料亭の庭園内にて写真撮影。 白鳥との写真撮影は貴重な一枚です。
IMG_0016 IMG_0031 IMG_0084 IMG_0205 IMG_20170918 IMG_0296

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 新郎様の緑色の紋服
二、 料亭の日本料理
三、 5色の餡子が入った蓬莱饅頭に入刀
四、 ご家族様やご親族様との写真撮影
五、 引出物

  • 挙式会場:
    群馬県護国神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    料亭 暢神荘(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    白無垢 大振袖 緑の紋付袴
  • 和婚の髪型 綿帽子にかつら 結上げ
  • 和婚の特徴1:
    日本庭園で写真撮影
  • 和婚の特徴2:
    緑色の紋付袴
ページトップ