家族和婚とウエディングドレス

ご家族様のみの少人数の結婚式をお手伝いさせて頂きました。
平日のお昼間の時間帯での厳粛な神前式には、新郎新婦様の大切なご家族の皆様がご参列され、神前式後には高崎の老舗料亭で庭園をご覧頂ながら、和食でのご会食を行いました。
和装から洋装へとお色直しも行い、新婦様は昔から憧れていたウエディングドレス姿で入場。
フラワーコーディネーターとの入念な打ち合わせにて作成されたお気に入りのブーケでは繊細なお花である紫のパンジーを取り入れました。
ブーケにするのは難しいパンジーですが、入場の直前まで、水が入った花瓶に挿しておき、綺麗な状態で写真撮影にも望めました。
会食中には、黒いだるまの目入れの儀式や婚姻届のサインまで行い、ご披露宴終了後には、お二人で 婚姻届をご提出されました。
s_0234 s_0450 s_0504 s_0563 s_0626 s_0640

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 ご家族様のみの結婚式
二、 平日にゆっくりと群馬縣護国神社にて神前式
三、 料亭の和食
四、 黒だるまでの目入れの儀式
五、 料亭でのウエディングドレス姿とブーケ
六、 婚姻届のサイン

  • 挙式会場:
    群馬県護国神社 神前式
  • 披露宴会場:
    料亭 暢神荘(群馬県高崎市)
  • 衣裳:
    白無垢 黒の紋付袴 ウエディングドレス タキシード
  • 和婚の髪型 綿帽子にかつら 結上げ
  • 和婚の特徴1:
    ご家族様のみで平日に執り行う神前式
  • 和婚の特徴2:
    料亭内でゆっくりとご会食
ページトップ