桜満開の家族和婚

ご家族様中心での神前式と料亭でのご会食を桜の季節に行いました。
結婚式当日の護国神社は満開。
お二人を祝福するかのように咲き誇り、新婦様には白打掛と綿帽子姿、色打掛と結い上げ姿の2種類の和装と髪型をご提案させて頂き、満開の神社の桜の中で撮影させて頂きました。
新郎様のこだわりは青色の紋服。異なる色の紋服を何着も試着され、お選び頂きました。
挙式後には料亭に移動し、和食で和やかに会食。
ご希望のウエディングケーキにも桜のイメージを取り入れ、だるまの目入れの儀式も行いました。
ご家族様中心ということもあり、席札には直筆のメッセージも書かれており、ご両家の皆様であたたかみのある結婚式になったことと思います。
IMGP3858 IMGP3860 IMGP3870 IMGP3837 700 748

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 桜の中での神前式
二、 ご家族様中心での結婚式
三、 神社のロケーション撮影は白無垢と色打掛で
四、 新郎様の青色の紋服
五、 ウエディングケーキにも桜のイメージで

  • 挙式場所:
    群馬県護国神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    料亭 暢神荘(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    白無垢 青の紋付袴 
  • 和婚の髪型:
    結上げに綿帽子 洋髪アレンジ
  • 和婚の特徴1:
    白無垢と色打掛の2着で神社での和婚写真
  • 和婚の特徴2:
    ご家族様のみの神前式と会食会
ページトップ