お洒落さ際立つ群馬和婚

新婦様は京都産の白無垢と、友禅染の漆箔での色打掛をお選びになり、神社では綿帽子、角隠し、会食会場では日本髪をご披露されました。
新郎様のご家族様は和装やアンティークの着物も好まれているので、ご自分の紋服での神前式となりました。
会食会場には、群馬の和婚の引出物である、だるま席札と料亭の雰囲気に合わせた和婚の花でコーディネート。
ご親族様も多いとのことで、高崎の老舗料亭内にて和食を提供させて頂きました。
お二人がお選びになられた髪飾りや衣装、ヘアースタイルや引出物等々、個性が感じられるものとなりましたが、会食にて行ったご招待客様のスピーチでは新郎新婦様だけでなく、ご親族様も感激しており、皆様との絆が更に深められる結婚式になったことと思います。
IMGP3858 IMGP3860 IMGP3870 IMGP3837 700 748

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 ご自分の紋付袴で結婚式
二、 新婦様の角隠し、綿帽子、日本髪での写真撮影
三、 だるま席札
四、 京都産の白無垢、友禅染の漆箔の色打掛
五、 和食での会食会場
六、 和婚の髪飾り・ネイル

  • 挙式場所:
    群馬県護国神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    料亭 暢神荘(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    黒の紋付袴 白無垢・色打掛
  • 和婚の髪型:
    かつらに角隠し・綿帽子 結上げ
  • 和婚の特徴1:
    アンティークの和装好きな新郎家側の紋付袴
  • 和婚の特徴2:
    新婦様の和婚ネイル
ページトップ