秋の神前式とレストラン和婚

非常にこだわりのある京都産の白無垢と色打掛、紋服をお選びになった新郎新婦様。
神前式には、日本固有の髪型である日本髪を希望され、ご自分の髪での結上げを行いました。
また、綿帽子と白無垢には赤のラインがアクセントとなり、ネイルも赤で統一。
レストランウエディングでも豪華な色打掛をご披露され、洋髪でお父様と御一緒に入場されました。
新婦様は青森県出身で新郎様は千葉出身ということもあり、遠方からお越し頂くご招待客様も多く、ご親族様のお着付やヘアメイクもアニバーサリープレゼントの美容師が全て担当させて頂きました。
ご披露宴では化学調味料を使用しない自然派の料理を提供させて頂き、箸で召し上がれるレストランウエディングをご提案させて頂きました。
0456 0260 0323 0756 0903 1100

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 和婚の髪型 自毛での日本髪と洋髪
二、 こだわりの色打掛
三、 赤いラインの入った白無垢と綿帽子
四、 赤のネイル
五、 自然派レストランでの料理

  • 挙式場所:
    群馬県護国神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    レストラン セレンディップ(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    黒の紋付袴 白無垢 色打掛 
  • 和婚の髪型:
    挙式・綿帽子 披露宴・洋髪アレンジ
  • 和婚の特徴1:
    トトロが好きな新婦様の為のテーブル花
  • 和婚の特徴2:
    赤のラインが入った白無垢に赤のネイル
ページトップ