美空色和婚

日本の伝統ある神前式をご希望され、ご招待客様のおもてなしも考えられた新郎新婦様。
10月に執り行った和婚ということもあり、明るく澄んだ秋の空のような薄い青色の紋付袴と色打掛をお召しになり、神前式が始まりました。

神社見学の際に高崎でも歴史のある進雄神社をお選びになり、披露宴は料理を重視したレストランウエディングをご希望。

レストランウエディングでは和装入場から始まり、和の演出の「水合わせの儀式」を披露されました。
ドレスとタキシードにお色直しをされた後には、各テーブルにクロワッサンサービス。

新郎様の手作りのVTRもレストラン内に放映され、何度も試着をされたこだわりのウエディングドレスとタキシードは時間をかけながら写真を撮影させて頂きました。
A038 A158 A311 A455 A528 A723

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 鮮やかな色打掛での神前式
二、 新婦様の色打掛に合わせた美空色の紋付袴
三、 神社の境内で和装写真
四、 水合わせの儀式
五、 美食のレストランウエディング
六、 新郎様の手作りのVTR放映
七、 レストランにてウエディングドレスとタキシードの写真

  • 挙式会場:
    進雄神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    レストラン セレンディップ(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    色打掛 ブルーグレーの紋付袴 
  • 和婚の髪型:
    神前式・結上げ 披露宴・洋髪アレンジ
  • 和婚の特徴1:
    美空色の和装
  • 和婚の特徴2:
    歴史ある神社での神前式
ページトップ