生家から始まるメモリアル和婚

当初、冬に予定されていた結婚式が初夏に移動となり、和と洋で随所にこだわりがみられる結婚式になりました。
高崎の進雄神社で神前式の前には新婦様のご実家が近いこともあり、花嫁支度をご提案。
新婦様のお母様もお喜びになり、白無垢と綿帽子にて、ご両親様にご挨拶を行い、ご実家の和室や庭園での写真撮影も行いました。
神前式後にはウエディングドレスをレストランでご披露され、ご両親様が結婚式でご使用された思い出のピンクのブーケと共にご入場。
パティシエのご親族様がお作りになったウエディングケーキにも新郎新婦様がご入刀されました。
A038 A158 A311 A455 A528 A723

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 新婦様のご実家での花嫁支度とご両親様にご挨拶
二、 進雄神社での神前式
三、 厳かな神前式後にはレストランでウエディングドレス
四、 新婦様のご両親様が結婚式で使用された思い出のブーケでご入場
五、 パティシエのご親族様が作成されたウエディングケーキ

  • 挙式会場:
    進雄(すさのお)神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    レストラン セレンディップ(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    黒の紋付袴 タキシード・白無垢 ウエディングドレス 
  • 和婚の髪型:
    神前式・結上げ 披露宴・洋髪アレンジ
  • 和婚の特徴1:
    ご自宅で花嫁支度
  • 和婚の特徴2:
    新婦様のサプライズ マンドリン演奏
ページトップ