古都桐生から高崎和婚

桐生市在住の新郎新婦様がご希望された場所が高崎市での和婚。
1150年の高崎市での進雄神社での神前式をご希望され、ご親族様中心でのご披露宴もレストランにてサポートさせて頂きました。
新婦様は和婚サロン内でお選びになった白無垢と鮮やかなグリーンとピンクの色打掛を皆様にご披露され、厳かな神前式と、ご披露宴での水合わせの儀式、1組様ずつでのテーブル写真撮影やお子様花束等も進行に取り入れました。
ご両家のお母様には黒留袖を和婚サロン内にてご試着頂き、着装着付士の女性スタッフが小物や着付もご提案。
歴史ある神社に相応しく、和装から着付、ヘアメイク等もトータル的にサポートさせて頂き、遠方からお越し頂くご親族様にはバスの送迎のサポートもさせて頂きました。
A038 A158 A311 A455 A528 A723

新郎新婦様のこだわりポイント

一、 高崎市の進雄神社での神前式
二、 ご両親への花束贈呈はプリザーブド
三、 色打掛の髪飾りには ご友人からのプレゼントを使用
四、 喜んで頂ける料理
五、 お子様からの花束贈呈
六、 お日取り
七、 ご両家のお母様の黒留袖

  • 挙式会場:
    進雄神社(群馬県高崎市)
  • 披露宴会場:
    レストラン セレンディップ(群馬県高崎市)
  • 衣装:
    濃緑の紋付袴 白無垢 色打掛 
  • 和婚の髪型:
    神前式・結上げ 披露宴・洋髪アレンジ
  • 和婚の特徴1:
    新郎新婦様の和装とご両家のお母様の留袖
  • 和婚の特徴2:
    ご親族様の着付やヘアスタイルのサポート
ページトップ